カテゴリ: 政治・軍事



    概要

    政府は27日の閣議で、海上自衛隊の中東派遣を決定した。護衛艦1隻を送り、アフリカ・ソマリア沖での海賊対処活動に当たるP3C哨戒機を活用。規模は260人程度となる。防衛相の命令だけで実施できる防衛省設置法の「調査・研究」が根拠。

    翻訳元 

    ⇩⇩⇩  【日本政府が海上自衛隊の中東派遣を閣議決定した! 「日本人は信用できない」「中東に関わるのは絶望的だ・・・」】の続きを読む




    日本が米国のF-35ステルス戦闘機よりF-3を選んだ理由


    キーポイント:F-3は、日本の航空宇宙設計能力を維持する手段でもある。

    2019年2月、日本は国産ステルス戦闘機の開発を進めることを決定して注目を集めた。これは、100機以上の米国のF-35戦闘機を購入するという決定と、2018年に日本のステルス戦闘機X-2の試作機がキャンセルされたことに続くものである。


    ⇩⇩⇩  【日本が米国のF-35ステルス戦闘機よりF-3を選んだ理由】の続きを読む

    ※画像はイメージです。
    0996520

















    日本、中国、韓国が貿易問題や地域紛争で会談

    ※AP通信:山口真理 キム・ヒュンジン キム・トンヒョンのレポート。

    【北京】 中国、日本、韓国の首脳は今週、貿易、軍事、歴史をめぐる争いがある中、中国で三国首脳会談を開催する。最も注目されるのは、日韓の複雑な対立であり、中国は最近、両国との意見の相違を緩和しようとしている。

    経済協力と北朝鮮の核の脅威は、北東アジアのトロイカ(三国)が結束する主要な問題である。会議では大きな進展は期待されていないが、時には互いに敵対関係にある者同士が顔を合わせて議論する機会は重要だと考えられている。以下、3者の関係の現状を見てみよう。



    ⇩⇩⇩  【日本、中国、韓国が貿易問題や地域紛争を巡って会談する 「中国は近い将来世界を支配するだろう」】の続きを読む





    ウイグル族の人権状況の改善を 香港で中国政府への抗議集会


    中国の新疆ウイグル自治区ではイスラム教徒のウイグル族が大勢、当局の施設に不当に拘束されて思想教育を強制されているとされ、アメリカをはじめとした国際社会から批判の声が上がっています。

    政府や警察への抗議活動が半年余り続く香港では、この問題に抗議するための集会が22日午後、学生団体の主催で香港島のセントラル地区で開かれ、市民およそ千人が参加しました。


    ⇩⇩⇩  【ウイグル族の人権状況の改善を! 香港で中国政府への抗議集会!! 「もしかしたら中国は大規模な反乱に直面するかもしれないね」】の続きを読む


    5563406dafc658ba0c3778706fddf006




















    防衛費、過去最高の485億ドル=防衛省


    【ブルームバーグ】日本の内閣は、隣国北朝鮮の脅威が再燃する中、前年から約1ポイント増となる5兆3000億円(485億ドル)の国防予算を承認した。

    防衛省が配布した資料によると、日本の購入リストには新世代戦闘機の開発費として111億円が含まれている。

    ⇩⇩⇩  【日本、防衛費過去最高485億ドル(5兆3000億円)。 「アメリカは日本の20倍のお金を使ってる!」】の続きを読む


    トランプ大統領 罷免の可能性低い 上院は与党が過半数


    トランプ大統領を弾劾訴追 アメリカ史上3人目 米議会下院



    アメリカのトランプ大統領が、ウクライナ疑惑をめぐる権力の乱用と議会への妨害で弾劾訴追されました。アメリカ史上、弾劾訴追された大統領は3人目で、これを受けて有罪か無罪かを決める弾劾裁判が年明けにも議会上院で開かれることになりました。

    トランプ大統領の弾劾訴追は、日本時間の18日夜から19日午前にかけてアメリカの議会下院の本会議で審議され、午前10時半ごろ、弾劾訴追する決議案が賛成多数で可決されました。

    ⇩⇩⇩  【米下院でトランプ大統領を弾劾訴追可決!アメリカ史上3人目。 「さよなら、ピエロ」】の続きを読む


    b0a6a34c















    米国・日本ー中国・ロシアの間で第三次世界大戦が

    し迫った
    場合、君らの計画は何?


    翻訳元 



     ⇩⇩⇩ 【日米・中露でWW3が差し迫ったらみんなどうするの? 外国人「ビクトリーロールにするため髪を伸ばす」】の続きを読む


    K10012203221_1912051700_1912051709_01_02

















    クジラ持続的利用を図る改正法成立


    商業捕鯨の再開を受けて、クジラの持続的な利用を図るため、学校給食でのクジラの活用を促進することなどを盛り込んだ改正法が5日の衆議院本会議で可決され、成立しました。

    この法律は、日本がIWC=国際捕鯨委員会から脱退し、ことし7月から31年ぶりに商業捕鯨を再開したことに伴い改正するものです。

    法律の目的をこれまでの調査捕鯨の実施から「クジラの持続的利用の確保」に改め商業捕鯨を円滑に行うため、政府が船舶や乗組員の確保を支援することや食文化の継承のため学校給食でクジラの利用を促進することなどが盛り込まれています。

    このほか、科学的根拠をもとに算出される捕獲可能量の範囲内で捕鯨を実施することや違法に捕獲されたクジラの流通を防ぐための措置を政府が講じることも定めていて、資源の保護や動物愛護の観点から批判もある中、商業捕鯨に対する国際社会の理解を得たい考えです。


    ⇩⇩⇩
      【日本の国会は捕鯨を支援する法改正をしたぞ! 外国人「「鯨」という単語を「人間」に変えれば・・・」】の続きを読む



    3100671
















    アメリカは、対日本との開戦に責任がある。日本はア

    メリカの行動のために他の選択肢がなかった



    米国の軍産複合体は民主主義がもたらした(戦争を起こす)良い例である。




    ⇩⇩⇩
      【日米開戦はアメリカの責任!日本を自殺に追いやり、共産主義大国中国を作り出した!】の続きを読む


    K10012196881_1911300704_1911300731_01_03
















    「防衛省 馬毛島買収で島の大半を所有する開発会社と一定合意」



    在日アメリカ軍の空母艦載機の訓練の移転先として買収を予定している鹿児島県の馬毛島をめぐり、防衛省は島の大半を所有する開発会社との間でおよそ160億円で買収することで、一定の合意に達しました。

    防衛省は、小笠原諸島の硫黄島で行われている在日アメリカ軍の空母艦載機の離着陸訓練の移転先として、鹿児島県西之表市の馬毛島を買収するため、島の大半を所有する開発会社と協議を続けていました。


    ⇩⇩⇩
      【日本政府が米軍の訓練のために島を購入!外国人「中国は、すぐに介入してこう主張するだろう・・・」】の続きを読む







    このページのトップヘ