このダイナミックな比較は、2020-2100年のGDPで上位10か国を示しています。GDPは、各国の現在の経済パフォーマンスと投資に基づいて予測されています。これには、米国、中国、インド、日本、フランス、フィリピン、トルコなどが含まれます。

GDPは、ある期間に生産されたすべての最終財とサービスの市場価値を示す貨幣単位で、多くの場合、年1回または四半期ごとに算出されます。名目GDP推計値は、一国または地域全体の経済パフォーマンスを決定し、国際比較を行うために一般的に使用されるものです。



翻訳元 

結果だけ知りたい方は、3:50へ。

⇩⇩⇩ 





海外の反応





1・どこかの外国人
私の予測2100
1インド 2中国 3インドネシア 4アメリカ 5フィリピン 6ドイツ 7トルコ 8フランス 9ロシア 10ブラジル



2・どこかの外国人
インドは、世界で一番不潔な国。彼らが清潔になれば、おそらくは・・・。




3・どこかの外国人
インド人は、インドと中国が同じ人口を持つ限り、最も純粋に超大国に発展し得ると考える。

中国のように質の低い人口は、国をより腐敗させるだけで、より良くすることはできないからね。



4・どこかの外国人
これがどのリストに基づいているのか分からないが、トップ10のフランスとイギリスを除いた、ブラジル、メキシコを含む多くの国々が見られた。ヨーロッパを見てみて。イギリスやフランスがトップ10に長く残るとは思えない。




5・どこかの外国人
韓国はどこだよ?アジアのタイガーエコノミーだぞ。


タイガーエコノミー:アジア四小龍もしくはアジアの四頭の虎とは、香港、シンガポール、韓国及び台湾の高度な市場経済及び先進経済に関連して用いられる用語である。これらの国・地域は年7%を超える異例の高成長率の維持及び1960年初頭 から1990年代までの急速な工業化で知られる。 ウィキペディア



6・どこかの外国人
インドネシアとフィリピンは一緒に上昇する。
ASEAN万歳!



7・どこかの外国人
このランキングはジョーク。中国は、その頃にはなくなってるから。



8・どこかの外国人
ナイジェリアはどこさ??根拠のない予測だね。




9・どこかの外国人
すべての国の唯一の希望は市民だ。自分と家族を愛するように、自分の国を愛しなさい。




10・どこかの外国人
議論の余地がある。これまでのGDPは予測が難しかった。かつて日本は年率10%近くで成長していて、多くの専門家は日本が米国を追い抜くと考えていた。しかし、90年代に成長は停滞したし、中国の成長はすでに減速してきている。




11・どこかの外国人
>>10
予測は常に正しいとは限らない。




12・どこかの外国人
>>10
2060年頃に宇宙への移住が始まると状況は大きく変わるだろう。

このチャートは、おそらく2030年までは正確で、2050年までは妥当って感じ。



13・どこかの外国人
>>10
そうだね。経済成長は予測できない。ただ、日本の人口では、おそらく10%の成長率を長期間維持するのに十分ではなかった。そういうケースでは、インドと中国も全く違う。彼らは両方とも13億の人口を抱えてるけど、インドの場合は、65%の人口は35歳未満だ。そうした
理由からインドが長期に8-10%成長するという予測は間違ってない。



14・どこかの外国人
>>13
23の西アフリカ諸国
経済共同体中部アフリカ経済通貨共同体は、2040年までに一つの政治組織になり、2100年までに総人口12億人、GDP15兆ドルとなり、米国に次ぐ第4位となる。ナイジェリアだけでも、GDP6.4兆ドル。2100年には人口7億5000万人となり、11位になるよ。



15・どこかの外国人
今後10年以上先を予測するのは単純な推測にすぎないけれど、もしアジアの一部の国がGDPを増やすことができれば、多くの人々を貧困から立ち直らせることができるだろう。




16・どこかの外国人
ロシアもリストに含まれてるのか・・・。




17・どこかの外国人
将来戦争があったら?予測は意味がない。




18・どこかの外国人
>>17
その場合は、誰が戦争に勝つかで一番が決まる。




19・どこかの外国人
>>18
それはUSA!
アメリカはすべてをめちゃくちゃにするぜ!



20・どこかの外国人
>>19
ロシアとアメリカが世界中をめちゃくちゃにする。




21・どこかの外国人
>>17
もしアメリカとEUがお互いに戦うとしたら?そうなれば、彼らみんなが負け、中国が唯一の勝者であり続けることになる。




22・どこかの外国人

アメリカとロシアが戦うことになれば、どっちが勝者になろうと接戦になるだろう。そして双方とも取り返しのつかない損害を被ることになる。中国やインドのような次の国が台頭し覇権を握る。おそらく中国かな。




23・どこかの外国人
>>22
インドはロシアとイスラエルを支持する、それはだけは事実だ。




24・どこかの外国人
多分みんな死ぬだけ。




25・どこかの斜め上の人
世界の人々は日本が5年後には(チャートに)入らないこと知らない。そしてわずか7年後には、韓国は主要な全ヨーロッパ諸国を追い抜くだろう。




26・どこかの外国人
アメリカは私たちが彼らを追い越すことを許さない。

1990年代に彼らが日本にしたことのようにね。



27・どこかの外国人
インドが日本やドイツを追い越すとは思えない。ブラジルがチャートから去るのを見るのはとても悲しいかった。




28・どこかの外国人
知識、教育、技術によって成長を生み出している国:米国、フランス、日本、ドイツ、英国。

人口増加に伴い成長を遂げている国:インド、中国、インドネシア、ブラジル。
+欧米企業の非工場化による中国への移転と成長。



29・どこかの外国人
>>28
西欧諸国が衰退してるからといっても、それは言い訳にすぎない。




30・どこかの中華系
>>29
中国は今日、特許で世界をリードしてる。人は資源だよ、西洋人は泣いてるぜ!へへへ。




31・どこかの外国人
>>30
欧米の投資がなければ、中国は自由のない貧しい人々でいっぱいの共産主義国にすぎない。ただコピーするだけのね。地球上の偉大な発明の90%はアメリカ、フランス、イギリス、日本、ドイツのものだ。これは紛れもない事実。GDPは何の意味もない。一人当たりGDPと人間開発指数がそうだろ。私はいつもインドや中国よりもフランスやスイスの生活水準の方が好きだ。



31・どこかの外国人
それにしても、日本、イギリス、フランス、ドイツは、しぶといねぇ・・・。あれ、イタリア・・・。







ポチッとよろしく♪

人気ブログランキング



楽天カードは審査が緩い!!

学生、フリーター、主婦の方でも、審査に通りやすく、年会費は永年無料!!
クレカ持ってないけど、持ちたいなって方にオススメですよ (=゚ω゚)人(゚ω゚=)