1匹2億円! 広島が生んだレジェンドとは?


魚が1匹2億円!?

初競りで話題になった青森県の大間のマグロではありません。
広島で生産された観賞用のニシキゴイについた値段です。

日本のニシキゴイは、「泳ぐ宝石」とも呼ばれ、いま世界中の富裕層から熱い視線が向けられています。なぜ外国人はニシキゴイに魅せられるのでしょうか…。


⇩⇩⇩ 




広島に世界のバイヤーが殺到

プロ野球の広島カープで知られる広島県。

カープの名前のとおりコイの養殖が盛んですが、広島県三原市の山あいに、いま外国人が殺到している場所があります





それは、国内最大級のコイの養魚場。

外国人のお目当ては、日本発祥のニシキゴイなんです。
ここでは、定期的にニシキゴイのオークションが開かれていて、この日も中国やタイなど世界のさまざまな国から、およそ120人のバイヤーが集まっていました。

関係者以外は立ち入れませんが、特別に中を見せてもらうと…。



ちょうど「大正三色」と呼ばれるニシキゴイのオークションが始まったところでした。50万円から始まった入札。

みるみるうちに価格はつり上がり、瞬く間に1000万円を突破、1300万円で落札されたのです。





参加した外国人のバイヤーは、日本のコイについてこう話します。

タイのバイヤー
「ニシキゴイはタイでもとても人気ですよ。いろいろな色があって派手で、大きく成長するのが魅力ですね」

イギリスのバイヤー
「コイを見ていると美しくてリラックスできますよ」

翻訳・引用元  



海外の反応





1・どこかの外国人
中華料理店の中には鯉のいる小さな池がある店もあるんだ。とてもきれいなので食べないでね。




2・どこかの外国人
アメイジングフィッシュ!




3・どこかの外国人
私の誕生日とって最高のアイデアだ。



4・どこかの外国人
>>3
毎日フェイスブックで自分の誕生日プレゼントのアイデアを探しているのは私だけかな?(笑)




5・どこかの外国人
>>3
フグを持ってきてあげるよ。ハハハ。




6・どこかの外国人
>>5
私はそれで満足だけど、あなたの娘さんはそうじゃないよね?(笑)




7・どこかの外国人
>>6
ハックルベリー
のような魚を買ってきてあげるよ。 (笑) 

ツツジ科の近縁な2つの属であるスノキ属 (Vaccinium) およびGaylussacia属の数種の植物に対して使われる総称。





8・どこかの日本人
日本の元総理大臣、田中角栄は、3、40年前にはこのようなコイをたくさん飼っていました!




9・どこかの外国人
非現実的(な値段)




10・どこかの外国人
箱根の芦ノ湖にあるものを思い出しました。




11・どこかの外国人
プラスチックの容器に入れられて、ストレスを受けてるし、酸素も十分じゃない。




12・どこかの外国人
繁殖には莫大な投資が必要だったわけだ・・・。




13・どこかの外国人
新しいオーナーが、ちゃんと面倒を見てくれるといいね!




14・どこかの外国人
ichiban takai no wa NISHIKIGOI



15・どこかの外国人
人々が...でお金を捨てるもの




16・どこかの外国人
この鯉は、私たちがよく行った湖の魚に似てるね!




17・どこかの外国人
明日死ぬかもしれないもののために12万ドル・・・。




18・どこかの外国人
20個買いまーす。




19・どこかの外国人
180万ドルだって?





20・どこかの外国人
しかし、味はおいしいの?




21・どこかの外国人
>>20
彼らは食べ物じゃない。亡命者だ!



22・どこかの外国人
>>21
美味しいか聞いたんだけど・・・。




23・どこかの外国人
OK、あなたは魚に$10万を支払うことができたとする。しかし、もし欲しいのであれば、ウォルマートのものを1ドルで買うか、自宅の裏庭にある湖から買うか・・・。




24・どこかの外国人
その間に、家の支払いに必要な金がすべて魚に吹き飛ばされてしまった。




25・どこかの外国人
金持ちのステータスシンボルってこと?




26・どこかの外国人
味は普通・・・。





27・どこかの外国人
Subarasi,hontoni kawai ne




28・どこかの外国人
日本では、何でも儲かる職業を作ることができるんだね。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー