英 エリザベス女王 ハリー王子夫妻の意向認める考え


イギリス王室のハリー王子夫妻が先週、王室の中心的なメンバーとしての役割から退く意向を発表したことを受けてハリー王子と家族による話し合いが行われ、祖母のエリザベス女王は、夫妻の意向を認める考えを示しました。

イギリス王室のハリー王子と妻のメーガン妃は今月8日、エリザベス女王を今後も支えていくとしながらも、王室の中心的なメンバーとしての役割から退き、イギリスと北米で生活する計画を突然、明らかにしました。

⇩⇩⇩




これを受けて13日、ハリー王子と祖母のエリザベス女王や父親のチャールズ皇太子、そして兄のウィリアム王子による話し合いが行われました。

話し合いのあと、エリザベス女王は声明を発表し、夫妻には王室の主要メンバーとしての役割を果たしてもらいたかったとしながらも、新たな生活を築きたいという夫妻の希望を全面的に支持する考えを示しました。

そして、公的な資金に頼らずに生活したいという夫妻の意向を受け、まずは移行期間として2人がイギリスとカナダで過ごすことに同意し、今後、最終的な結論に達したいとしました。

地元メディアは、メーガン妃はすでにイギリスを離れ、カナダに渡ったと伝えています。

イギリス国内では、夫妻が王室の中心的なメンバーとしての役割から退いたあとの警備の態勢や費用、それにハリー王子が持つ「サセックス公爵」という称号をどうすべきか、メディアが大きく取り上げていて今後の議論が注目されます。

エリザベス女王 異例の声明

エリザベス女王が13日、ハリー王子などとの話し合いのあとに発表した声明は、女王の個人的な思いがにじみ出たものだと、イギリスメディアは伝えています。

声明の冒頭、エリザベス女王は「きょう、私たち家族は、孫とその家族の将来について、建設的な話し合いをしました。私たち家族は、若い家族として新たな生活を作り上げていきたいというハリー王子とメーガン妃の希望を全面的に支援しています」として、ハリー王子夫妻の希望を尊重する姿勢を示しています。

そして、「私たちは、2人には王室のメンバーとしてこれまでどおりフルタイムで公務に携わってほしいと望んでいましたが、2人は私たちの大切な家族であり、もっと独立した生活を送りたいという希望は理解し、尊重します。ハリーとメーガンは新しい生活を、公的資金に頼って送りたくないとはっきり言っています。このため、移行期間を設け、夫妻がカナダとイギリスで過ごすことに同意しました」と説明したうえで、「私の家族にとって、解決すべき複雑な問題が残されていますが、今後、数日の間に最終的な結論を出すよう求めました」としています。

エリザベス女王がこのように声明で、ハリー王子のことを「サセックス公爵」という称号ではなく、「私の孫」や「ハリー」といった名前で呼ぶのは極めて異例のことです。


翻訳・引用元  



海外の反応





1・どこかの外国人
誰が気にするの?




2・どこかの外国人
彼女は他に何をするつもり?吊しあげる?




3・どこかの外国人
もちろん同意するよ。彼女は・・・一体何なの?
私の目の前から消えてちょうだい!



4・どこかの外国人
気をつけてね。
ダイアナがどうなったか見てごらん。



5・どこかの外国人
彼女が予想外に上のポジションに置かれる代わりに、選択肢を持ちたいと望んでるんだろう。




6・どこかの外国人
女王はダイアナも去らせた。結果を見てみようじゃないか。



7・どこかの外国人
いいんじゃないの。大人になった子共に、自分の思う事を無理強いさせることはない。




8・どこかの外国人
カナダは彼らを両腕を広げて歓迎し、英国で非常に当たり前化してるタイプのパパラッチを容認したりもしない。




9・どこかの外国人
ハリーはもう王にはならい事を知ってるから、女王はハリーを支持してるんだろうね。王になるためには、彼の兄弟の後ろにいなきゃだし。



10・どこかの外国人
>>9
さらに彼は今、甥の次だからねぇ。




11・どこかの外国人
タブロイド紙が被害者を勝ち取ったのか?彼らが何を書いても気にしないでほしい。




12・どこかの外国人
そのカップルに、あまり選択肢を与えてないじゃないか・・・。




13・どこかの外国人
エリザベス女王の素晴らしい決断。




14・どこかの外国人
最高のカップルであることを祈る。彼らが英国民の資金に寄生してないことを示してるんだから・・・。彼らは生活のために収入を得たいんだ。私は・・・そのために独立した人々に敬意を表するよ。寄生虫ではないと。




15・どこかの外国人
彼らの成功を祈る。
有名人になるのは難しいと分かった。いくらお金があっても、プライバシーも私生活もない。悪質な憶測は・・・とても悲しいよ。



16・どこかの外国人
>>15
甘やかされた2人。




17・どこかの外国人
彼女は何度かセプター(王笏)で彼を殴ったと思う・・・?


右手に持ってるのが王笏です。

「イギリス王室 エリザベス女王の王笏」の画像検索結果



18・どこかの外国人
タブロイド紙には、二人ともひどい目にあったので、彼らには選択の余地がなかった。これはトラウマになりそうだな。




19・どこかの外国人
ロイヤルメンバーになることは、必ずしも幸せとは限らないと思う。



20・どこかの外国人
彼らには、パンが見つからないなら、ケーキを食べさせとけ。



21・どこかの外国人
経済的に自立してカナダで生活したいのなら、肩書を捨てた方がいい。




22・どこかの外国人
Go・・・自らを救って、幸せになろう!




23・どこかの外国人
>>22
あまりわがまま言うようでは幸せになれないよ。




24・どこかの外国人
>>23
自分の人生を自分の好きなように生きたいと思うことが、どうして利己的なんだ?彼らはその有害な環境から離れたほうがずっと幸せになるだろうさ。




25・どこかの外国人
彼らは大人だ。彼女(メーガン)に何ができる?肩書?彼女はどうせそうするんだし、お金が欲しいわけでもない。




26・どこかの外国人
>>25
彼女(女王)はいつでも首を切ることができた。人気が出るような言動とは言えないけど、彼女は女王だからな!!




27・どこかの外国人
この状況は誰にとっても良いが、女王にとっては1、2年待てなかったのは残念だ。彼女はあの間抜けな家族とうまくやったと言わざるを得ない。



28・どこかの外国人
>>27
君は何について言っているのか・・・。私は彼が逃げ出して妻を守って良かったと思う。彼女がダイアナ妃のように終わらない限り、王家が彼女の心を殺すだろう・・・。




29・どこかの外国人
>>28
理解力のあるおばあちゃんの愛があってこそ、彼は簡単に自分の思い通りにできる。国民、特に納税者は、それほど寛容でも寛大でもないぞ。




30・どこかの外国人
メーガンがまた勝ったぞ!!




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー