K10012203221_1912051700_1912051709_01_02

















クジラ持続的利用を図る改正法成立


商業捕鯨の再開を受けて、クジラの持続的な利用を図るため、学校給食でのクジラの活用を促進することなどを盛り込んだ改正法が5日の衆議院本会議で可決され、成立しました。

この法律は、日本がIWC=国際捕鯨委員会から脱退し、ことし7月から31年ぶりに商業捕鯨を再開したことに伴い改正するものです。

法律の目的をこれまでの調査捕鯨の実施から「クジラの持続的利用の確保」に改め商業捕鯨を円滑に行うため、政府が船舶や乗組員の確保を支援することや食文化の継承のため学校給食でクジラの利用を促進することなどが盛り込まれています。

このほか、科学的根拠をもとに算出される捕獲可能量の範囲内で捕鯨を実施することや違法に捕獲されたクジラの流通を防ぐための措置を政府が講じることも定めていて、資源の保護や動物愛護の観点から批判もある中、商業捕鯨に対する国際社会の理解を得たい考えです。


⇩⇩⇩
 




“給食を通してクジラ食 広めたい”

学校給食でのクジラの活用を促進することなどを盛り込んだ改正法が成立したことを受け、ことし7月に31年ぶりに商業捕鯨を再開した和歌山県太地町の三軒一高町長は「町で行ってきたクジラを食べる文化を広げる活動に弾みがつくと思います。商業捕鯨が止まっていた間に、クジラを食べない人が増えているので、給食を通してクジラ食を広め、捕鯨産業を盛り上げたい」と話していました。


翻訳・引用元  



海外の反応






1・どこかの外国人
外国人は、日本に来てクジラを食べることはないが、実はステーキよりもクジラの方がおいしい。私は、殺す数を抑えつつ供給量を豊富に保つこの計画を立てたことは成功する思う。



2・どこかの外国人
>>1
重金属が濃縮された食事は美味しいよね。 ※皮肉です



3・どこかの外国人
>>1
1頭のクジラ=1匹の小さな魚の命は同じじゃない。 



4・どこかの1の人
>>2
はいはい、ありがとうね。(笑)


5・どこかの外国人
>>1
「鯨」という単語を「人間」に変えれば、君の文のどこが間違っているかわかるかもね。



6・どこかの外国人
>>5
日本は鯨を持続的に釣ってきた。鯨であれ、小魚であれ、牛であれ、豚であれ、羊であれ、みんな生きている。大切なのは、彼らの犠牲に感謝することだ。君に賛同しないからといって判断してはいけない。



7・どこかの外国人
日本に感謝する。供給量が増えた今、海外の日本食レストランでも鯨肉が普及するのが楽しみだ。



8・どこかの外国人
>>7
私が日本にいた頃、鯨肉が多すぎて誰も欲しがらなかった。

これは、政府が農村地域で票を得るためだ。その利益を得るために多くの金を浪費してる。


9・どこかの外国人
>>7
君の意見に大いに賛成だ。



10・どこかの外国人
油っぽくてあまりおいしくないので、それほど人気はないし、供給とは関係ない。確かに高齢者は今でもそれを愛してるけどね。



11・どこかの外国人
>>10
それは違うよ。内臓肉は良くないけど、赤身肉は最高だ。刺身にしても美味しい。私は、年に何度かスーパーで見つけた小さなものを買ってるんだけど、かなりレア(稀)なんだよね。でも、おいしかった。



12・どこかの外国人
何てばかげたことだろう。ジャスティンの記事を見てほしい。


※ジャスティン氏は誰かという事で、いろいろ検索にかけたんですが、ウィキは見つかりませんでした。ただ、個人サイト等に反捕鯨の代表的な科学者ジャスティン・クックという方がいたので、その方の事かなと思います。反捕鯨団体あれこれ



13・どこかの外国人
つまり、クジラベーコンは良いということか・・・。



14・どこかの外国人
私は、ここのスーパーでクジラやイルカの肉を見たことがない。いくつかの 「厳選された」 もの(が売られてる)だけだと思う。



15・どこかの外国人
これは議論の余地のある話題だ。利益が原動力だからね。米国での銃のようなもの。



16・どこかの外国人
>>15
君は間違ってる。これは利益によって動かされたことなんてない。外国人が日本を止めるべきだと考えるようになるまでの生活様式だった。日本は他国に何をすべきか言わない。他国は自国のことに気を使うべきだ。



17・どこかの外国人
私は 「サスティナブル(持続可能な)」 という言葉が好きなので、責任ある誠実な取り組みであることを願いましょう。



18・どこかの日本人
私は日本に住んでますが、スーパーでもレストランでも鯨肉を見たことがありません。子供の頃から。



19・どこかの外国人
>>18
残念ながら、これは事実だよ。

鯨肉は、私の家の近くのスーパーで毎日売られてる。


20・どこかの外国人
数ヶ月前に池袋のレストランで食べました。これはまれなことですが、



21・どこかの外国人
一度だけ見たことあって、そこで試食したことがある。気持ち悪いと思った。



22・どこかの外国人
「合法的な」捕鯨を再開したということだよね。捕鯨してる他の国のように捕り過ぎたりしないと確信してる。



23・どこかの外国人
イエーイ!素晴らしいニュースだぜ!



24・どこかの外国人
ああ、クジラよRIP(安らかに眠れ)。



25・どこかの外国人
これらは我々がやってきたことで、絶滅に追い込んだ最初の動物ではない。



26・どこかの外国人
20世紀の変わり目に乱獲をしていたのはロシア人とアメリカ人だろ。日本の漁師はいつも持続可能な方法で釣りをしてたに過ぎない。



27・どこかの外国人
カモンジャパン。君らは他の国よりベターだよ。



28・どこかの外国人
>>27
と、何も知らない外国人が言ってます。



29・どこかの外国人
>>28
我々は天ぷらに変えられる。君らはタコスに変えられるよ。(笑)



30・どこかの外国人
>>29
(※原文)馬鹿



31・どこかの28の人
>>29
タコスが俺と何の関係がある?俺は茶色かもしれんが、お前が思ってるのとは違う・・・。勝手な推測するなアホ。



32・どこかの外国人
ほとんど「伝統的な」習慣ではない。伝統のためだと主張したいなら、少なくとも現代の技術を使うのをやめなさい。日本人の大半は捕鯨が行われていることすら知らないくせに。


33・どこかの日本人
>>32
1570年代から始まった組織化された定置(沿岸)捕鯨は、20世紀初頭まで続いた。17世紀に和歌山の太地で技術が発達し、和田忠兵衛頼元は、1606年に集団捕鯨を組織して漁業を確立した。2019年、イワシクジラやミンククジラを中心とした北太平洋で捕鯨をしています。ハープーン(
捕鯨用の銛)は現代の技術とは言えない。 ※和田忠兵衛頼元


34・どこかの外国人
彼らは決して止めない。市場で鯨を簡単に見つけることができる。



35・どこかの外国人
この記事にコメントしている人の多くは、その業界で働いているのではないかと思う。



36・どこかのリ某
クジラは感覚(感情)がある。保護する必要があるよ(母は日本人で、私は堺で生まれた)。



37・どこかの外国人
人々が、必ずしも同意しないことは素晴らしいことだ。反対する人のために非感情的な食事を法制化しないでもらいた。我々は皆、調和して生きてる





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※管理人
いつぞや、エッセイか何かで読んだものですが・・・。
「人(動物)は他者の命を奪う事でしか生きられない。それを善悪で語るなら、それは人のエゴでしかない。」

まあ、往々にして人間はエゴの塊のようなものですけども・・・。


私、思うんですよね。外国人が今ように過剰に反応せず、推移を見守っていれば日本の捕鯨業は衰退していったんじゃないのかなって・・・。
「今すぐやめろ」と言われて、やめたらそれで生計立ててる人はどうなりますか?その方々を、批判してる人たちが養ってくれるとでも?

鯨肉より美味しいと思われる食が多い現在において、日本を過度に批判してるから、日本側も態度を硬直させることになるんじゃないでしょうか。

以前にも書いたことありますけど、私は自分の食べたいものを批判されたくないので、他者が食べるものも批判しません。犬であろうとも虫であろうとも・・・心でどう思っていても。

私は、これらを一種の宗教的考えであると思ってるんですよね。もし、ヒンズー教徒が牛を食べる国々に止めろとテロし始めたら?もし、イスラム教徒が豚を食べる国々に、それを理由にテロし始めたら?なのに、シーシェパードは、日本の捕鯨船にテロしてますよね?

世界三大宗教の2つが、教義上、自分たちは食べないけど、他者を批判してない。なのに、何故、日本の捕鯨だけ批判の対象なのか・・・。

結局「日本は舐められてる」この一言に尽きるのかなと・・・。





オススメ&関連記事