b03fbb4f65cab7a1fb057bbe583cd637






















日本とインド 初の外務・防衛の閣僚協議 中国念頭に連携へ



日本とインドの初めての外務・防衛の閣僚協議が30日夜、ニューデリーで開かれ、海洋進出を強める中国を念頭に、日印の連携を確認したうえで、自衛隊とインド軍との間で、燃料などを相互に提供するための協定の締結に向けた協議を加速させる見通しです。

日本とインドでは初めてとなる外務・防衛の閣僚協議、いわゆる2プラス2は、日本時間の30日夜、インドの首都ニューデリーで開かれ、日本側からは茂木外務大臣と河野防衛大臣が、インド側からはジャイシャンカル外相とシン国防相が出席する予定です。


⇩⇩⇩
 




協議では、海洋進出を強める中国を念頭に、日印両国が、自由で開かれたインド太平洋の実現に向けて認識を共有し、連携の強化を確認する見通しです。

また、自衛隊とインド軍が共同訓練などの際に、水や燃料、弾薬などを相互に提供できるようにするACSA=「物品役務相互提供協定」の早期の締結に向けて、協議を加速させる見通しです。

協議について茂木大臣は29日の会見で、「中国については、東シナ海や南シナ海で、力を背景にした一方的な現状変更の動きも続いており、航行の自由や海洋安全保障などの問題について、日本とインドが協力関係を深めていくことが重要だ」と述べました。



daea377616fb4d922277427a91de611f


























インドのねらいは…

インドが、日本と初めての2プラス2にのぞむ背景には、周辺地域で影響力を増す中国の存在があります。

中国の巨大経済圏構想「一帯一路」によって、インドの近隣国のパキスタンやスリランカでは、中国によるインフラ整備が進んでいるほか、安全保障面では、中国の潜水艦がインド洋でたびたび確認されるなど艦船が活動を活発化させていて、インドが警戒を強めています。

インドは、日本とすでに軍事情報の保護協定や防衛装備品や技術の移転協定を結んでいるほか、インド軍と自衛隊との実動訓練も行っていて、ACSA=物品役務相互提供協定の締結で、軍事的な結び付きが一層強まることになります。



「日本インド 2+2」の画像検索結果


また、インドは去年からアメリカとも、2プラス2の枠組みをスタートさせていて、12月にはワシントンで、2回目の協議が行われる予定です。

インドは伝統的に非同盟主義をとってきましたが、中国をけん制するねらいから外交・安保面での日米との結び付きを強めています。


翻訳・引用元     


海外の反応





1・どこかの外国人
中国に対する賢明な動きだね。



2・どこかの外国人
誰が中国を封じ込めるリーダーとなるべきか。彼らは、決断に多くの時間がかかると思うが。



3・どこかの外国人
日本は、我々の本当の友人だ。
彼らは仏教徒だ。中国やアメリカのような裏切り者とは違う。


4・どこかの外国人
>>3
中国の伝統的な宗教は、儒教、道教、仏教だぞ。しかし今のところ、共産党は中国のアイデンティティを抑圧している。



5・どこかの外国人
第二次世界大戦中、日本帝国はインドの各地を荒廃させた。団塊の世代は、旧日本軍の非道で極めて残虐な行為を忘れてない。 


6・どこかの外国人
アメリカはインド・日本と、この戦略的パートナーシップに参加しなければならない。中国は貿易協定でアメリカから搾取し、今や我々の腐敗した政治家が共謀してる。このままじゃ責任を取ると言えない、嫌いな世界の超大国になってしまう。


7・どこかの外国人
素敵なロングローブね・・・。。それを愛してる。



8・どこかの外国人
インドは混乱中だ。



9・どこかの外国人
モディは、一般の人々の改善にもっと力を入れるべき。屋内に、より多くの排水管が通ったトイレができれば歓迎される・・・。


10・どこかの外国人
アメリカ、日本、そしてインド・・・。この3つの国は、他国が汚い仕事をすることを期待してるんだ。



11・どこかの外国人
インドは独立以来、日本と良好な関係を維持してきた。


12・どこかの外国人
インド、日本、韓国、オーストラリア、アメリカが中国に迫ってきてるね。うん、がんばって・・・。



13・どこかの外国人
エンディアの防衛に関する説明?エンディアはテロ国家だ。※end+india



14・どこかの外国人
>>13
確かに、テロリストがはびこってるからね。世界のすべてのテロ行為はパキスタンに遡ることができる。



15・どこかの外国人
インドと日本は、古代から良好な文化的・戦略的関係にあった。
日本で仏教が広まったことが証拠さ。


16・どこかの外国人
「インド太平洋地域 」にある国家全体が、敵対的な中国と向き合わなければならない時が、近づいている。


17・どこかの外国人
21世紀の日本とインドの利益は相互に補完的だ。



18・どこかの外国人
今はマスターと操り人形の国の関係だが、インドの未来は超大国だ。目指すは、まさにマスター・ジャパンです。



19・どこかの外国人
経済について話し合う必要はありません・・・。



20・どこかの外国人
私たちのインドは素晴らしいです。


21・どこかの外国人
世界は次第にテロの現実を認識しつつある。インドと日本は、テロ国家を守っている中国の影響力に立ち向かえる。



22・どこかの外国人
テロの定義はなに?



23・どこかの外国人
まもなく、地球の表面から恐怖が一掃されるだろう。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※管理人
協力関係を強めていくのは良いんですけど、日本は今のままだと同盟関係を築けないんですよね。日米のようないびつな同盟関係で良いという国があるなら別なんですけどね・・・。



⇩⇩⇩(o*。_。)oペコッ

人気ブログランキング