hqdefault (2)


















「独の博物館で装飾品盗まれる “戦後最大の美術品盗

難” 地元紙」


翻訳・引用元   



⇩⇩⇩
 




ヨーロッパ有数の宝物のコレクションで知られるドイツ東部ドレスデンの博物館に何者かが侵入し、ダイヤモンドで飾り付けられた装飾品が盗まれました。地元メディアは被害額は日本円でおよそ1200億円に上るとして「戦後最大の美術品の盗難事件だ」と大きく伝えています。

盗難事件が起きたのは、ドレスデンの中心部にあるレジデンツ宮殿内にある、宝石や美術品を展示している博物館です。

地元の警察によりますと、25日早朝、博物館の窓から何者かが侵入し、展示ケースを破壊して宝石を盗んで逃走したということです。

20191126-00000044-ann-000-thumb
















防犯カメラには2人の男の姿が映っているということで、警察は、ほかにも共犯がいる可能性もあるとして、男たちの行方を追っています。

博物館を管轄する担当者は、少なくとも、ダイヤモンドで飾り付けられた18世紀の装飾品の一式が3セット盗まれたとしていて、「野蛮な行為に大きなショックを受けている。盗まれたのは美術やその歴史の上で計り知れないほど貴重な価値があるものだ」と話しています。

警察は被害額について明らかにしていませんが、大衆紙「ビルト」は、10億ユーロ(日本円で約1200億円)に上るとして、「戦後最大の美術品の盗難事件だ」と大きく伝えています。







海外の反応





1・どこかの外国人
代替え不可なものなのに。販売できないから融解されるか、個人コレクターに行っちゃうね。(涙)もう二度と見られないかもしれない。本当に悲しい



2・どこかん外国人
最も悲しいのは、これらの高価な宝石がおそらく破壊された後、個々のダイヤモンドとして売られしまうということです。



3・どこかの外国人
とても悲しい。私は10歳の時にその博物館を訪れたの。忘れられない経験なのに。



4・どこかの外国人
世界で最も高価な美術品コレクションの一つを盗むのに10分かかった。

一体どうしたら、そんなにセキュリティ基準が低くなるんだ?
俺が聞いた中で最もクレイジーな事実は、警備員が武器を持たず、干渉することを許されなかったということだよ。


5・どこかの外国人
>>4
今夜ここのニュースでは、博物館へのガラスはただの普通の窓ガラスだと報道されてました。防犯ガラスではなかったと。ザクセンの王冠の宝石を、安全に確保する最善の方法ではなかったようですね。



6・どこかの外国人
>>4
博物館の警備員は展示品を守るべきだと思いますが、駐車場の警備員や私有地の警備員のようなものであれば、彼らが干渉できないのも不思議ではないですよ。



7・どこかの外国人
>>4
全く同じ考えだ。彼らの防御手段はあまりにも緩すぎる。この時代に、これが可能なことなのか、それはどうゆうことなんだよ。頭がおかしくなる!



8・どこかの外国人
彼らが、それをした・・・。




9・どこかの外国人
これは、保険がとても役に立つ最高の瞬間です。(笑)



10・どこかの外国人
映画:完璧な計画と実行。
現実:スマッシュ&グラブ。
しかし、これほど多くの歴史あるものが、未来の世代に対して失われる事は深刻だし、悲しいことだ。



11・どこかの外国人
素晴らしい映画のストーリーを作り上げてしまったね。



12・どこかの外国人
何百万もする宝石があって、警備員を雇うことができないとか。



13・どこかの外国人
>>12
だよね?それは何なんだよ!?



14・どこかの外国人
>>12
まさにそれだよ。彼らはどうやってそこまでたどり着いた?全体の話がまだわからん。



15・どこかの外国人
彼らは、複数のガードを持っていながら、ゴミに気づかなかった。


16・どこかの外国人
>>15
(警備には)2人いたんだよ。だけど、彼らが武器を持ってる可能性がある、4人の強盗に立ち向かうのは難しい。警備員を非難するんじゃなく、警備施設があまりにも脆弱で克服されやすかったこと、警察が現場に十分なスピードでこなかったことを非難すべきだ。このすべてがほんの数分で終わったしね。



17・どこかの外国人
最終的には捕まるだろう。今やカメラはどこにでもある。だけど、宝石は戻らないかもね。


18・どこかの外国人
ドイツは最低賃金のみ支払われる国です。わずかなお金で博物館を深夜まで見回りたい人はいません。ドレスデンは、1時間9ユーロでは生活できないんです。



19・どこかの外国人
現在、ザクセンのローカルTVチャンネルでインターンシップを行ってます。私たちは今日その博物館の館長にインタビューをしました。彼女は、彼ら(警備員)がセキュリティが作動したことに気づいていたと言いました。しかし結局、彼らは宝石のために命を危険にさらすことを望んでいなかったので、泥棒を捕まえようとしなかったそうです。


20・どこかの外国人
私はこのような貴重な宝石が何世紀も前に、アフリカ人から略奪され盗まれたことを保証する。どんな気持ちかわかっただろ?泥棒は放っておけ。彼らは泥棒から盗んでいるだけだ。


21・どこかの外国人
>>20
君、バカ?これは偉大なアウグストの個人コレクションで、彼はこれらのジュエルを買うために多額の現金を支払った。





22・どこかの外国人
>>20
インドはアフリカの一部だったの?

これらの宝石は1720年代に作られたもので、アフリカで最初に発見されたダイヤモンドは、1867年にオレンジ川のホップタウン近くで発見されたユーレカ・ダイヤモンドだよ。
アフリカのダイヤモンドを見たければ、ロンドン塔行ったらいい。


23・どこかの外国人
アジア、アフリカは・・・うんぬんかんぬん。略奪されたことは確かだ。それに対処するだけ。


23・どこかの外国人
盗難者は、それを溶かして売って、どんどん進んでくから捕まらない。そもそも、先住民から貴重な金属を盗んできたんだから、二度と博物館に戻らないことを祈ってるわ。


25・どこかの外国人
>>23
盗難に対する興味深い見解・・・。考えさせられる。



26・どこかの外国人
>>23
インド=ヨーロッパ=コーカサス山説ではなく、「ヨーロッパの先住民」というものがあるということ?



27・どこかの外国人
泥棒が、捕まらない方法を正確に教えてくれてありがとう。



28・どこかの外国人
一方、ニコラス・ケイジはドイツ旅行から帰国したのだった。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※管理人
非ヨーロッパ圏の方々?とヨーロッパ圏の方々とで意見の齟齬がありましたね。まあ、史実として略奪してきたものが多々博物館に展示されてますから、された側からすれば「ざまぁ」と言った事なんでしょうかね。