今回は、 味噌汁のアニメ広告が話題になっていたのご紹介します。

しかし、考えてみれば味噌汁って古くから食べられてるけど、一体いつごろからなの?ってことで、例によって例のごとくウィキ先生に。

確認できている限りで、「味噌」の文字が初めて文献上に現れるのは平安時代である。平安時代において味噌は調味料ではなく単品の料理のように扱われており、直接食用されていた。また、貴族の給料や献上品として扱われており、一般庶民には縁のない食品であった。

え・・・。そんな古いんだ。だけど、味噌汁じゃなくて始めはそのまま食べてたのかい。モロきゅう的な?味噌握りとか?いや、直接って言ってるんだから、直接だったんだろうけど、塩分少な目とかだったのかな。

※その後鎌倉時代に入って中国からすり鉢がもたらされると、粒味噌をすり潰して水に溶かして用いる味噌汁という調理法が実践されるようになった。鎌倉時代には全国的に武士の質素倹約が奨励されるようになり、一汁一菜(主食、汁もの、おかず、香の物)という食事が考案され、武士の間で広まりを見せた。その後の室町時代においては味噌が農民による自家製の保存食として作られ、庶民の間で調理法が試行錯誤されたことで、現代に伝わる味噌料理の殆どが確立された。

なるほどね~。戦国時代の頃には、ほぼほぼ、今のような味噌汁にはなってたわけですか。はい、勉強になりました。

皆さんは、みそ汁の具は何が好きですか?私は・・・なめこ!特にこれからの寒い時期は。

Fotolia_99995029_Subscription_Monthly_M-20161130172902 (1)


まあ、みそ汁は具が何であれ大好きですけどね。


本文
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「日本のアニメ広告 味噌汁家族」

翻訳元




海外の反応




1・その男の子はすっごくかわいい!


2・最初の部分で、子供を思い出させますね。


3・とてもかわいいですね、なんていい親なんでしょう。


4・良い両親です。これは、すべての良い親がすることです。



5・心が痛いんだが・・・。



6・俺も子供の頃は、家にいて母と一日中遊んでいたかった。病気のふりをして家にいるようにしたり・・・、子供の頃は無謀さを知らなかったが、母はいつも俺の世話をすることを優先してくれていた。今は本当に感謝している。



7・何だろう、こうゆう感覚には慣れてなくて!!



8・ああ、号泣。



9・私が今シャワーを浴びて泣いているのをご存知でしょうか。



10・アニメがガタガタと音を立てていると、シャワーの中でも泣きそうだ。



11・とても良いプランだ。



12・これは素晴らしい味噌のコマーシャル。



13・お父さんはとても優しい。これは私の解釈ですが、娘が外国人と結婚することを好まないのは、彼がその男性やその家族に対して自分の気持ちを(言葉で)うまく表現できないからだと思います。けれど彼は、愛情を込めて作られた食べ物は、自分の気持ちを他の人に伝えるのに十分だと気づいたという事でしょう。



14・なんて優しい味噌汁の広告でしょうか。



15・私はこれが味噌汁の広告であることが、大好きです。


16・ぶっちゃけて言えばあの娘はちょっとわがままじゃないか・・・。彼女は、自分の幸せを見つけるために、父親に機会を与えず、自分のために多くの世話をしてくれた人を見捨てる準備ができていた。gurlのように。落ち着つこう。家族を諦めてはいけない。


gurl/ガール:女性っぽい男性やゲイっぽい人、女みたいななどに使われるんですが、この場合だと、女性らしい優しさが無い、女のふりしてる男みたいな奴という皮肉なんだと思われます。私としては、このCMからそんな見え方がすることに、驚きですが(;・∀・)


17・味噌の中で私を泣かせてください。


18・
妊娠しているね、おめでとう!

※いや、そんなシーンはどこにもございません。(笑)


19・最初のものをアニメにしたい、してくれ。


20・これがアニメ映画か、シリーズであったら良くね?


21・これは味噌汁のコマーシャルなん?(爆笑)


22・何て言うアニメですか?


>>22
23・味噌汁のコマーシャルのためだけに作られたんです。


>>23
24・私は、完全版を動画で見てないと思った。
ありがとうございます。


25・忍者が玉ねぎをスライスして(飛ばして)いる、くそ・・・(涙)


26・
これは違法行為だ。私の心をこのように掴んで離さんとはな!


27・よくできました、ジャパーン。


28・

宮崎引退GIF


29・私は、あなたたちの全在庫を購入します。


30・なぜアニメとは、こんなにも良いものなのか・・・?


31・ああ、私はあの小さな男の子に恋をしています。


32・Okey。だけどさ、なぜ彼はイタリア語で父親に話しかけたんだい?(爆笑)父親はそれをどのように理解したんだろうか?

>>
32
33・彼は日本語を話していたが、イタリア訛りだった。

>>33
34・俺はイタリア語を話しているからわかる、彼は間違いなくイタリア語を話していた。

>>34
35・私も同じことを考えていました (笑)。彼ら(作り手)は娘に翻訳する姿を見せないようにしたのかもしれません。

>>32
36・はい、私はイタリア人で、彼がイタリア語で話していることが確認できます。

>>32
37・1:50 彼は日本語を話していた。父親に(おとうさん私は。)といったが、切れてしまった。要するに、私が言いたいのは、彼は日本語を話すことができるが、イタリアなまりがあるということなんだ。言語の壁ね。ちょっと可愛いよね。


38・Naka nai de ne.. 


39・






ここまで
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

みそ汁の広告で泣かされるとは・・・。😭😭😭


⇩⇩⇩(o*。_。)oペコッ


人気ブログランキング