2020年01月

    d64bd96eb07555ba414329dbf1ae38a1






















    離婚後会えなくなった子供に会うため、元妻の自宅に侵入したとして、住居侵入罪に問われた日本在住のオーストラリア人男性が15日、東京地裁で懲役6カ月、執行猶予3年の有罪判決を受けた。

    豪民放SBSのサッカー・ジャーナリストだったスコット・マッキンタイヤ氏は昨年11月、元妻と家族が暮らすマンションの共用スペースに侵入したとして逮捕された。

    妻と離婚した5月以降、子供に会っていなかったという。

    日本は先進国としては珍しく、父母が婚姻していないと、共同親権が認められない。


    ⇩⇩⇩ 【日本で子供を訪ね住居侵入した豪ジャーナリストに有罪判決 共同親権訴える! 「彼はゴーンと共にレバノンに逃げるべきだった」「日本について学べば学ぶほど、行きたくなくなる」】の続きを読む

    gettyimages-11350186022722572
































    この言葉は人によって意味が違うかもしれないけど、現在最も高く評価されてる地政学的思想家に投票してくれ。

    彼らが大国と呼ぶ国はどこだと思う?アメリカと中国だけ?それとももっとある?ロシア、ドイツ、フランス、イギリス、インド、日本?個人的には最初の2国だけのように思う。


    翻訳元 

    ⇩⇩⇩  【今日「大国 」は、どれくらいあると思う? 「地域大国:ドイツ・日本・韓国・トルコ・イスラエル」「大国という言葉は時代遅れだと思う」】の続きを読む



    翻訳元 

    ⇩⇩⇩  【スカイダイバーが落下の準備をしてる最中、2機の飛行機が衝突してしまった・・・。 「これはミッション不可能な映画のようだ」】の続きを読む

    n-jptaiwanyouth-a-20200113-870x567























    【台北】 台湾の総統選挙で、日本に好意的な若者たちが、蔡氏の再選に大きく貢献した可能性がある。

    彼らはアニメ、漫画、音楽、テレビドラマなど、日本のポップカルチャーに熱狂している。また、学校では、韓国や中国とは違って、日本帝国の戦前の植民地支配と侵略について中立的に教えられている。

    さらに、特に習近平国家主席が率いる指導部が、自治的で民主的な台湾を、再統一に邪魔な反乱省と見なしているためだ。

    蔡英文氏は、民進党が中国からの独立に傾いている一方で、中国が台湾に押し付けようとしている「一国二制度」の枠組みには明確に反対している。

    台北市の大学院23歳の女子学生、チン・ぺイェーは「中国には民主主義も人権もない。日本の文化がとても好きです。私たちは、日本が同じ価値観を共有する重要なサポーターであると信じています。」また「北朝鮮が核実験を強行すれば、北朝鮮の核開発はさらに加速するはずです。」と言った。



    ⇩⇩⇩  【日本に同じように統治された韓国と台湾の違いとは?台湾総統選挙で蔡氏が再当選した理由とは? 「多くの人は歴史を知らない・・・」】の続きを読む

    Vending machine in Japan



    飲み物は-4c。開封後は圧力が低下し、シャーベットが形成される。

    翻訳元 

    ⇩⇩⇩  【日本には、氷点下自販機なるものがある!開封してすぐ閉め直すとシャーベットになるんだ! 「日本の多くがクレイジー」】の続きを読む

    豪華列車ツアーの内容発表 JR北海道と東急が共同運行


    JR北海道と子会社で鉄道事業を経営する「東急」が、ことし夏に共同で運行する豪華観光列車のツアー内容が発表されました。厳しい経営が続くJRとしては、東急から運行ノウハウを吸収して、自社の観光列車の開発に生かすことで、少しでも収益の拡大につなげたい考えです。

    ⇩⇩⇩  【JR北海道と東急が共同運行する豪華列車ツアーの内容発表 「8,000ドルだって?」「日本は美しい技術で世界を驚かせ続けてる」】の続きを読む

    a0R13Nq_700bwp




















































    翻訳元 


    ⇩⇩⇩  【イラストレーター池上幸輝氏の描いた絵が話題! 「見ているだけで物語が頭に浮かんでくる」「私はこのような芸術が好きなんだよ」】の続きを読む

    英 エリザベス女王 ハリー王子夫妻の意向認める考え


    イギリス王室のハリー王子夫妻が先週、王室の中心的なメンバーとしての役割から退く意向を発表したことを受けてハリー王子と家族による話し合いが行われ、祖母のエリザベス女王は、夫妻の意向を認める考えを示しました。

    イギリス王室のハリー王子と妻のメーガン妃は今月8日、エリザベス女王を今後も支えていくとしながらも、王室の中心的なメンバーとしての役割から退き、イギリスと北米で生活する計画を突然、明らかにしました。

    ⇩⇩⇩
    【エリザベス女王が、ハリー王子夫妻の王室の役割を退く意向を認める 「エリザベス女王の素晴らしい決断」】の続きを読む

    safe_image (5)














    ⇩⇩⇩ 
    【イラン初の女性五輪メダリストが亡命の意思を表明 「私はイラン人として彼女が嫌いだ!!」「彼女を好きなところに行かせてやれ」】の続きを読む







    翻訳元 

    ⇩⇩⇩  【フィリピンの火山で大規模噴火 「視界ゼロだから報告された事故と因果関係が」「フィリピンとその国民のために祈るよ」】の続きを読む







    このページのトップヘ