2019年10月


    たまに、日本文化を盗用してると外国人が非難されることがあるのを、見かけた方もいると思います。特にアメリカで多い印象がありますよね?特に「着物を着るな」とかなんとか・・・。

    日本人から言わせてもらえば、もっと「着て(買って)くれ」って、感じだと思うんですが、皆さんはどう思いますか?

    だいたい、文化盗用って・・・、じゃ、寿司とか日本人以外が店出したり、握ったりするのもそうなるんじゃ・・・?ハワイに日本の平等院鳳凰堂を真似た建物がありますけど、それは?

    はい、わかってます。そうゆう事を言ってる方々の「背景」はね。しかし、今回はどうやら別のようです。何と、日本人なのに「文化盗用」だと非難されてしまうという・・・。


    ※ご指摘いただいた、川崎選手の画像を差し替えました。確かに、全く記事に合ってませんでした。書き始めた当初、アイム・ジャパニーズと叫んでる画が良いなと思って、漁ってたんですが川崎選手しかなくて、安易に貼ってしまいました。汗

    maxresdefault

    【日本人女性なのに文化の盗用(私物化)だと非難される。外国人「燃えてなくなってしまえ」】の続きを読む


    ※お詫び:動画と翻訳元を載せ忘れました。謹んでお詫び申し上げます。


    以前にもご紹介したことがあるTokyo Lensさんの動画からです。今回は、北日本をロードトリップしたとの事ですが、動画には日本在住の知る人は知ってると思われる外国人Youtuberさんが幾人も登場します。みんなでご旅行なんて素敵ですよね。

    ※(岩手)浄土ヶ浜
    EFA8482DCE0644E8BD6644F19716EBCB_LL











    楽天トラベル



    ※関連記事




    【日本在住外国人「北日本をロードトリップ(車旅行)」外国人「あの洞窟に戻ってほしい!!もっと・・・」】の続きを読む


    以前、間抜けな強盗の翻訳記事を書きましたが、今回は警察署に・・・。

    ※関連記事 




    これは、与太話ですが、重軽罪で考えると、強盗は重罪で窃盗は軽罪なんですよね。日本では窃盗は強盗に比べると検挙率がすごい低いです。やっぱ、身体的外傷を共わないと警察は本気出さないんでしょうかね?(;・∀・)

    news0_5a0ac751632fe


    【警察署にナイフを持った男が現れた。「警察(の手)による自殺」だ!の声】の続きを読む


    今回は、マレーシアの首都クアラルンプールで、日本人が経営しているラーメン屋が話題となっていましたのでご紹介します。

    皆さん、マレーシアというとどんなイメージがありますか?わたしは、東南アジアの国。親日国。イスラム教圏。ルック・イースト政策。 このくらいしか浮かびません。

    と、いうことで、例によってウィキ先生にお力を借りますと・・・。

    ※日本とマレーシアの関係の歴史で最も古いものは15世紀のマラッカ王国と琉球王国間の関係である。これは大日本帝国の台頭とその後のイギリス領マラヤへの侵攻と占領の20世紀に至るまで良好なままだった。15世紀、琉球王国とマラッカ王国との間には交易関係があった。海洋交易を行っていた東南アジアの王国は、日本とは銀、刀、扇、漆器、屏風の取引をしていた。ウィキペディア

    なるほど~。やっぱり大航海時代の頃に、航路が広がって東南アジア諸国とも交易をしていたんですね。因みに、大統領はこの方です。

    wor1805100058-p1

    マハティール・ビン・モハマドは、マレーシアの政治家、医師。現在、同国首相。同国首相の中では最長の22年間を務めている。 開業医から政治家に転じ、欧米諸国ではなく、日本の経済成長を見習おうというルックイースト政策をはじめ、長期に及ぶ強力なリーダーシップにより、マレーシアの国力を飛躍的に増大させた。 ウィキペディア



    22年・・・長っ。 【クアラルンプールで日本人が経営してるラーメン屋がある。地元民「俺に、行けと言ってるな?」】の続きを読む


    今回は、女子総合格闘技団体である、One Championshipの動画からです。

    日本人VS日系タイ人の対決と、日系タイ人の今までの生い立ちや、対戦ハイライトなどについたコメントを翻訳してお届けします。

    ハイライト集についたコメントを翻訳してお届けします。

    gatag-00006637


    [送料無料] 女子総合格闘技JEWELS〜WOMEN’S FIGHTING ENTERTAINMENT〜 [DVD]

    【日系タイ人初の女性MMAファイターリカ・イシゲ「ハイライト集」&「VS平田樹」】の続きを読む


    最近の漫画やアニメは全くわからない私でも、世代だったDBくらいは知ってるという事で、良さそうなネタがあったので翻訳してみました。

    これから記事の幅を広げる上でも、漫画やアニメも多少は知っておきたいので、オススメいくつかありましたら、コメかメッセで教えてほしいです(o*。_。)oペコッ 


    Android+18+cosplay_654bfd_7171625

    【うつ病を抜け出すために娘が好きな人造人間18号のハロウィン衣装を作ったよ。「人造人間9号かな。」】の続きを読む


     今回は、ラグビー日本代表VSスコットランド代表のプール最終試合後に、互いに敬意をしめしてる。という動画からです。

    台風が近づく数日前より、スコットランド側はいろいろ言ってきましたよね・・・。

    言われるだけ言われて、負けたのでは悔しすぎるとか思って、ドキドキしながら見てましたが・・・。

    ムフフ。

    images (1)

    【日本VSスコットランド 試合後、両雄健闘をたたえ合う。外国人「あのときの汚い芝居は何だったのさ?」】の続きを読む


    皆さま、台風は大丈夫だったでしょうか?

    私の住んでる場所は、川そばであったため、緊急避難勧告が結構早い時間に出されました。けれど、昨日は夜にもう一本記事を書こうと思っていまして、粘って作業をしてましたが、川の水位が危険域を大幅に超えたため、非難を余儀なくされました。(;´・ω・)

    とはいえ、氾濫は免れた(結構ギリギリだった)様で、何とか朝には無事に自宅に。しかし、眠たさに負けて昼まで寝てました。(*´∇`*)

    皆さまも、どうぞ災害にはお気をつけて。


    では、本題を。今回は、東京の青山に店を構える「かおたんラーメン」店主に独占インタビューをしている動画からです。

    店主の落合一元さんは、創業以来30年になるそうです。そんな、落合さんがラーメンに対する思いをかたってらっしゃり、それにさまざまなコメントがあったのでご紹介します。

    image (1)




    【ラーメン店主「食べ歩くのが好きで太ってしまった。」外国人「やせたシェフを決して信用してはならない」】の続きを読む


    皆さん、台風は大丈夫だったでしょうか?また、今現在、来てる方もお気をつけて。

    さて、今回は、日本のファンが、サモアの国家を歌ってる動画が話題になってましたので、ご紹介します。

    こうゆうのが日本らしい独特なおもてなしだなぁって思うんですよね。海外にもないわけではないのでしょうけど、とりわけ日本ってこうゆうの多いですよね。 

    8f0d501714144ac7b2c98f39c9b95d40

    【日本のラグビーファンがサモア国家を歌っていると話題に!外国人「ああ、最高の国だよな。」】の続きを読む


    今回は、 味噌汁のアニメ広告が話題になっていたのご紹介します。

    しかし、考えてみれば味噌汁って古くから食べられてるけど、一体いつごろからなの?ってことで、例によって例のごとくウィキ先生に。

    確認できている限りで、「味噌」の文字が初めて文献上に現れるのは平安時代である。平安時代において味噌は調味料ではなく単品の料理のように扱われており、直接食用されていた。また、貴族の給料や献上品として扱われており、一般庶民には縁のない食品であった。

    え・・・。そんな古いんだ。だけど、味噌汁じゃなくて始めはそのまま食べてたのかい。モロきゅう的な?味噌握りとか?いや、直接って言ってるんだから、直接だったんだろうけど、塩分少な目とかだったのかな。

    ※その後鎌倉時代に入って中国からすり鉢がもたらされると、粒味噌をすり潰して水に溶かして用いる味噌汁という調理法が実践されるようになった。鎌倉時代には全国的に武士の質素倹約が奨励されるようになり、一汁一菜(主食、汁もの、おかず、香の物)という食事が考案され、武士の間で広まりを見せた。その後の室町時代においては味噌が農民による自家製の保存食として作られ、庶民の間で調理法が試行錯誤されたことで、現代に伝わる味噌料理の殆どが確立された。

    なるほどね~。戦国時代の頃には、ほぼほぼ、今のような味噌汁にはなってたわけですか。はい、勉強になりました。

    皆さんは、みそ汁の具は何が好きですか?私は・・・なめこ!特にこれからの寒い時期は。

    Fotolia_99995029_Subscription_Monthly_M-20161130172902 (1)


    まあ、みそ汁は具が何であれ大好きですけどね。


    【味噌汁の広告動画に外国人感動!「Naka nai de ne.. 」】の続きを読む







    このページのトップヘ